留学したい大学生たった1

日本で進む国際的引きこもり化、留学したい大学生たった1先日、日本の某国立大学の副学長が、筆者の勤めている大学を訪問され、数日にわたってお話を伺う機会を得た。

その先生は、若い時からアメリカに渡り、アメリカの一流大学で博士号をとって、今も活躍している優秀な方だ。当然ながら英語にも不自由せず、本学でも多くの人とコミュニションを取っていた。

彼と同様に筆者も米国の大学で博士号を取り、日本の大学に勤めた経験があるので、彼との会話は必然的に、日本や他の国の大学の国際比較になったが、その中で彼が印象的なことを語っていた。

先日テレビを見ていたら、株のオンライントレードで数億を稼ぎ出している若い個人投資家の特集をしていたんですよ。独学で株を始めて、ほぼ引きこもりのような生活をしながらやっているんですが、才能があるんでしょうね。大成功しているんです。その彼がインタビューで、得たお金を使って海外旅行などには行かないんですか、と聞かれたら、いえ、興味ないですからと答えていて、へえ、と少し驚いたんです

筆者もそういう人がいるのは聞いている。似たような話はネットでも見かけるため、彼の話を聞いてもそうかと思うだけだった。相槌を打っていると、彼はこう続けた。

実はうちの学生も同じなんですよ。とても優秀で、アメリカの大学なんかに行ったら伸びるだろうな、と思っている学生に、海外留学する気はない?と聞くと、いや、海外のことはネットでほぼわかるし、英語だって日本で勉強すればいい。それに、実際に行って何の得があるんですか?と逆に質問されてしまいましたよ

それで思い出した。近年、米国の一流大学への留学生は大半が中国人で、それ以外で目立つのはヨーロッパと韓国だという。日本人の数は激減している。彼は続けた。

それでね、こんなこと言うのはその学生だけなのかと思って、教えているクラスで、海外で勉強してみたい人、手挙げてと言ったら、200人以上いるクラスで2〜3人だけしか手を挙げなかったんですよ!ビックリしたなー!

興味深く読みました

再生核研究所声明222201548日本の代表的な数学としてゼロ除算の研究の推進を求める

ゼロ除算の成果は2015323明治大学で開催された日本数学会でプログラムは5200部印刷、インターネットで公開、海外約200名に経過と成果の発表を予告して正規に公開された。簡単な解説記事も約200部学会で配布された。インターネットを用いて1年以上も広く国際的に議論していて、骨格の論文も出版後1年以上も経過していることもあり、成果と経過は一応の諒解が広く得られたと考えても良いと判断される。経過などについては次の一連の声明を参照

再生核研究所声明1482014212100/000/00割り算の考えを自然に拡張すると神の意志

再生核研究所声明1542014422新しい世界、ゼロで割る、奇妙な世界、考え方

再生核研究所声明157201458知りたい神の意志、ゼロで割る、どうして無限遠点と原点が一致しているのか?

再生核研究所声明1612014530ゼロ除算から学ぶ、数学の精神と真理の追究

再生核研究所声明1632014617ゼロで割る零除算堪らなく楽しい数学、探そう零除算愛好サークルの提案

再生核研究所声明1662014620ゼロで割るゼロ除算から学ぶ世界観

再生核研究所声明1712014730掛け算の意味と割り算の意味ゼロ除算100/00は自明である?

再生核研究所声明176201489ゼロ除算について、数学教育の変更を提案する

179(2014825):Divisionbyzeroisclearasz/00anditisin

185:Theofthedivisionbyzeroz/00

再生核研究所声明18820141215ゼロで割るゼロ除算から観えてきた世界

再生核研究所声明19020141224

再生核研究所からの贈り物ゼロ除算100/000/00

再生核研究所声明19220141227無限遠点から観る、人生、世界

夜明け、新世界、再生核研究所年頭声明

再生核研究所声明193201511

再生核研究所声明194201512大きなイプシロン無限小、創造性の不思議

再生核研究所声明195201513ゼロ除算に於ける高橋の一意性定理について

再生核研究所声明196201514ゼロ除算に於ける山根の解釈10000について

再生核研究所声明2002015116ゼロ除算と複素解析の現状佐藤超関数論との関係が鍵か?

再生核研究所声明202201522ゼロ除算100/000/00誕生1周年記念声明ゼロ除算の現状と期待

再生核研究所声明2152015311ゼロ除算の教え

日本の数学が、欧米先進国のレベルに達していることは、国際研究環境の実情を見ても広く認められる。しかしながら、初等教育から大学学部レベルの基本的な数学において日本の貢献は残念ながら特に見当たらないと言わざるを得ない。これは日本の数学が大衆レベルでは世界に貢献していないことを意味する。これについて関孝和微積分や行列式の発見が想起されるが、世界の数学史に具体的な影響、貢献ができなかったこともあって関孝和の天才的な業績は残念ながら国際的に認知されているとは言えない。

そこで、基本的なゼロ除算、すなわち、四則演算においてゼロで割れないとされてきたことが、何でもゼロで割ればゼロであるとの基本的な結果は、世界の数学界における日本の数学の顕著なものとして世界に定着させる良い題材ではないだろうか。

内容の焦点としてはまず

ゼロ除算の発見、

道脇方式によるゼロ除算の意味付け、除算の定義、

高橋のゼロ除算の一意性、

衝突における山根の現象の解釈、

の4点が挙げられる。

6歳の道脇愛羽さんが、ゼロ除算は除算の固有の意味から自明であると述べられていることからも分かるように、ゼロ除算は、ピタゴラスの定理を超えた基本的な結果であると考えられる。

ゼロ除算の研究の発展は日本の代表的な数学である佐藤の超関数の理論と密接な関係にあり再生核研究所声明200、他方、欧米ではAristotlsの世界観、universeは連続であるとの偏見に陥っている現状がある。最後にゼロ除算の意義に述べられているようにゼロ除算の研究は日本の数学として発展させる絶好の分野であると考えられる。そこで、広く関係者に研究の推進と結果の重要性についての理解と協力を求めたい。

ゼロ除算の意義

1西暦628年インドでゼロが記録されて以来ゼロで割るの問題に簡明で、決定的な解1/000/00をもたらしたこと。

2ゼロ除算の導入で、四則演算加減乗除においてゼロでは割れないの例外から、例外なく四則演算が可能であるという美しい四則演算の構造が確立されたこと。

32千年以上前にユークリッドによって確立した、平面の概念に対して、おおよそ200年前に非ユークリッド幾何学が出現し、特に楕円型ユークリッド幾何学ではユークリッド平面に対して、無限遠点の概念がうまれ、特に立体射影で、原点上に球をおけば、原点ゼロが南極に、無限遠点が北極に対応する点として複素解析学では100年以上も定説とされてきた。それが、無限遠点は数では、無限ではなくて、実はゼロが対応するという驚嘆すべき世界観をもたらした。

4ゼロ除算はニュートン万有引力の法則における、2点間の距離がゼロの場合における新しい解釈、独楽コマの中心における角速度の不連続性の解釈、衝突などの不連続性を説明する数学になっている。ゼロ除算はアインシュタインの理論でも重要な問題になっていたとされている。数多く存在する物理法則を記述する方程式にゼロ除算が現れているが、それらに新解釈を与える道が拓かれた。

複素解析学では、1次変換の美しい性質が、ゼロ除算の導入によって、任意の1次変換は全複素平面を全複素平面に1対1ontoに写すという美しい性質に変わるが、極である1点において不連続性が現れ、ゼロ除算は、無限を数から排除する数学になっている。

6ゼロ除算は、不可能であるという立場であったから、ゼロで割る事を本質的に考えてこなかったので、ゼロ除算で、分母がゼロである場合も考えるという、未知の新世界、新数学、研究課題が出現した。

複素解析学への影響は未知の分野で、専門家の分野になるが、解析関数の孤立特異点での性質について新しいことが導かれる。典型的な定理は、どんな解析関数の孤立特異点でも、解析関数は孤立特異点で、有限な確定値をとるである。佐藤の超関数の理論などへの応用がある。

8特異積分におけるアダマールの有限部分や、コーシーの主値積分は、弾性体やクラック、破壊理論など広い世界で、自然現象を記述するのに用いられている。面白いのは積分が、もともと有限部分と発散部分に分けられ、極限は無限たす、有限量の形になっていて、積分は実は、普通の積分ではなく、そこに現れる有限量を便宜的に表わしている。ところが、その有限量が実は、ゼロ除算にいう、解析関数の孤立特異点での確定値に成っていること。いわゆる、主値に対する解釈を与えている。これはゼロ除算の結果が、広く、自然現象を記述していることを示している。

9中学生や高校生にも十分理解できる基本的な結果をもたらした

基本的な関数y1/xのグラフは、原点でゼロであるすなわち、1/00である。

10既に述べてきたように道脇方式はゼロ除算の結果100/000/00および分数の定義、割り算の定義に、小学生でも理解できる新しい概念を与えている。多くの教科書、学術書を変更させる大きな影響を与える。

11ゼロ除算が可能であるか否かの議論について

現在インターネット上の情報でも世間でも、ゼロ除算は不可能であるとの情報が多い。それは、割り算は掛け算の逆であるという、前提に議論しているからである。それは、そのような立場では、勿論正しいことである。出来ないという議論では、できないから、更には考えられず、その議論は、不可能のゆえに終わりになってしまうもはや展開の道は閉ざされている。しかるに、ゼロ除算が可能であるとの考え方は、それでは、どのような理論が展開できるのかの未知の分野が望めて、大いに期待できる世界が拓かれる。

12ゼロ除算は、数学ばかりではなく、人生観、世界観や文化に大きな影響を与える。

次を参照

再生核研究所声明1662014620ゼロで割るゼロ除算から学ぶ世界観

再生核研究所声明18820141216ゼロで割るゼロ除算から観えてきた世界

ゼロ除算における新現象、驚きとはAristotlsの世界観、universeは連続であるを否定して、強力な不連続性をuniverseの現象として受け入れることである。

以上

ゼロの発見には大きく分けると二つの事が在ると言われています。

一つは数学的に、位取りが出来るということ。今一つは、哲学的に無い状態が在るという事実を知ること。

小学校以上で、最も知られている数学の結果は何でしょうか

ゼロ除算1/00は、ピタゴラスの定理a2b2c2を超えた基本的な結果であると考えられる。

もし112を否定するならば、どのような方法があると思いますか?

TitlepageofLeonhardEulerVollstndigeAnleitungzurAlgebraVol1(editionof1771firstpublishedin1770)andp34fromArticle83whereEulerexplainswhyanumberdividedbyzerogivesinfinity

割り算のできる人には、どんなことも難しくない

世の中には多くのむずかしいものがあるが、加減乗除の四則演算ほどむずかしいものはほかにない。

ベーダェネラビリス

数学名言集ィルチェンコ編松野武山崎昇訳大竹出版1989年

1/0これは、今の複素解析学1/00これは、新しい数学で、DivisionbyZero

原点を中心とする単位円に関する原点の鏡像は、どこにあるのでしょうか

では無限遠点はどこにあるのでしょうか

加減-乗除除法じょほう、英:divisionとは、乗法の逆演算間違いの元乗は、加除は、減-

数学でA0ゼロで割るがダメな理由を教えてください。

000だから0で割れないと考えた。

唯根拠もなしに、出鱈目に言っている人は世に多い。

世界中で、ゼロ除算は不可能か

可能とすればだと考えられていたが

しかし、ゼロ除算はいつでも可能で、解はいつでもセロであるという意外な結果が得られた。

無限遠点は存在するが、無限大という数は存在しない

天動説

地動説0

10010数ではない10不定未定義狭い考え方をすれば、できない人にはできないが、できる人にはできる。

ゼロをめぐる衝突は、哲学、科学、数学、宗教の土台を揺るがす争いだった

ゼロ除算100/000/00が、当たり前だと最初に言った人は誰でしょうか112が当たり前のように

何とゼロ除算は、可能になるだろうとApril122011に公に予想されていたことを発見した。

多くの数学でできないが、できるようになってきた経緯から述べられたものである。

DividingbyNothing

byAlbertoMartinez

ItiswellknownthatyoucannotdivideanumberbyzeroMathteacherswriteforexample240undefined

AfterallotherthatseemedforcenturiessuchasagreaternumberfromalesserortakingrootsofnegativenumbersarenowcommonInsometimesthebecomespossibleoftenwithgoodreason

PostedApril12

アラビア数字の伝来と洋算-tcp-ip

明治5年1872

地球平面説地球球体説

天動説地動説

1/0若しくは未定義1/00

地球人はどうして、ゼロ除算1300年以上もできなかったのか?2015724910意外に地球人は知能が低いのでは?仲間争いや、公害で自滅するかも。生態系では、人類ががん細胞であったとならないとも限らないのでは?

ビッグバン宇宙論と定常宇宙論について、

ピラミッドの高さを無限に高くしたら体積はどうなるでしょうか???答えは何と0です。ゼロ除算の結果です。

ゼロ除算は11より優しいです。何でも0で割れば、0ですから、簡単で美しいです。112は変なのが出てくるので難しいですね。

0はいくつですか

とはなんですか

分からないものは考えられません

宇宙消滅説宇宙が、どんどんドン拡大を続けるとやがて突然初めの段階すなわち0に戻るのではないだろうか。ゼロ除算は、そのような事を言っているように思われる。2015年12月3日10:38

RealityoftheDivisionbyZeroz/00

アリストテレス以来、あるいは西暦628年インドにおけるゼロの記録と、算術の確立以来、またアインシュタインの人生最大の懸案の問題とされてきた、ゼロで割る問題ゼロ除算は、本質的に新しい局面を迎え、数学における初歩的な部分の欠落が明瞭になってきた。ここ70年を越えても教科書や学術書における数学の初歩的な部分の期待される変更はかつて無かった事である。ユークリッドの考えた空間と解析幾何学などで述べられる我の空間は実は違っていた。いわゆる非ユークリッド空間とも違う空間が現れた。不思議な飛び、ワープ現象が起きている世界である。ゼロと無限の不思議な関係を述べている。これが我の空間であると考えられる。

そこで、最近の成果を基に現状における学術書、教科書の変更すべき大勢を外観して置きたい。特に、大学学部までの初等数学において、日本人の寄与は皆無であると言えるから、ゼロ除算の教育、研究は日本人が数学の基礎に貢献できる稀なる好機にもなるので、数学者、教育者など関係者の協力、参加をお願いしたい。

先ず、数学の基礎である四則演算においてゼロでは割れないとの世の定説を改め、自然に拡張された分数、割り算で、いつでも四則演算は例外なく、可能であるとする。数学はより美しく、完全であった。さらに、数学の奥深い世界を示している。ゼロ除算を含む体の構造、山田体が確立している。その考えは、殆ど当たり前の従来の演算の修正であるが、分数における考え方に新規で重要、面白い、概念がある。その際、小学生から割り算や分数の定義を除算の意味で繰り返し減法道脇方式で定義し、ゼロ除算は自明であるとし計算機が割り算を行うような算法で計算方法も指導する。この方法は割り算の簡明な算法として児童生徒たちにも歓迎されるだろう。

反比例の法則や関数y1/xの出現の際には、その原点での値はゼロであると定義する。その広範な応用は学習過程の進展に従ってどんどん触れて行くこととする。応用する。

いわゆるユークリッド幾何学の学習においては、立体射影の概念に早期に触れ、ゼロ除算が拓いた新しい空間像を指導する。無限、無限の彼方の概念、平行線の概念、勾配の概念を変える必要がある。どのように、如何に、カリキュラムに取り組むかは、もちろん、慎重な検討が必要で、数学界、教育界などの関係者による国家的取り組み、協議が必要である。重要項目は、直交座標系で軸の勾配はゼロであること。真無限における破壊現象、接線などの新しい性質、解析幾何学との美しい関係と調和。すべての直線が原点を代数的に通り、平行な2直線は原点で代数的に交わっていること。行列式と破壊現象の美しい関係など。三角関数や初等関数でも考え方を修正、補充する。直線とは、そもそも、従来の直線に原点を加えたもので、平行線の公理は実は成り立たず、我の世界は、ユークリッド空間でも、いわゆる非ユークリッド幾何学でもない、新しい空間である。原点は、あらゆる直線の中心になっている。

大学レベルになれば、微積分、線形代数微分方程式複素解析をゼロ除算の発展の成果で修正、補充して行く。複素解析学におけるローラン展開の学習以前でも形式的なローラン展開(負べき項を含む展開)の中心の値をゼロ除算で定義しゼロ除算算法、広範な応用を展開する。最も顕著な例は、tan90度の値がゼロであることで、いろいろ幾何学的な説明は、我の空間の認識を変えるのに教育的で楽しい題材である。特に微分係数が正や負の無限大に収束発散する時、微分係数をゼロと修正することによって、微分法の多くの公式や定理の表現が簡素化され、教科書の結構な記述の変更が要求される。媒介変数を含む多くの関数族は、ゼロ除算算法で統一的な視点が与えられる。多くの公式の記述が簡単になり、修正される。新しい、関数の素性が見えてくる。

複素解析学において無限遠点はゼロで表現されると、コペルニクス的変更無限とされていたのが実はゼロだったを行い、極の概念を次のように変更する。極、特異点の定義はそのままであるが、それらの点の近傍で、限りなく無限の値に近づく値を位数まで込めて取るが、特異点自身では、ゼロ除算に言う、有限確定値をとるとする。その有限確定値のいろいろ幾何学的な意味を学ぶ。古典的な鏡像の定説原点の原点を中心とする円に関する鏡像は無限遠点であるは、誤りであり、修正し、ゼロであるといろいろな根拠によって説明する。これら、無限遠点の考え方の修正は、ユークリッド以来、我の空間に対する認識の世界史上における大きな変更であり、数学を越えた世界観の変更を意味している。これはアリストテレスの世界の連続性の概念を変えるもので強力な不連続性を示している。この文脈では天動説が地動説に変わった歴史上の事件が想起される。

ゼロ除算は物理学を始め、広く自然科学や計算機科学への大きな影響があり、さらに哲学、宗教、文化への大きな影響がある。しかしながら、ゼロ除算の研究成果を教科書、学術書に遅滞なく取り入れていくことは、真智への愛、真理の追究の表現であり、四則演算が自由にできないとなれば、数学者ばかりではなく、人類の名誉にも関わることである。実際、ゼロ除算の歴史は止むことのない闘争の歴史とともに人類の恥ずべき人類の愚かさの象徴となるだろう。世間ではゼロ除算について不適切な情報が溢れていて今尚奇怪で抽象的な議論によって混乱していると言える。美しい世界が拓けているのに、誰がそれを閉ざそうと、隠したいと、無視したいと考えられるだろうか。我は間違いを含む、不適切な数学を教えていると言える再生核研究所声明41世界史、大義、評価、神、最後の審判

地動説のように真実は、実体は既に明らかである。研究と研究成果の活用の推進を大きな夢を懐きながら要請したい。研究課題は基礎的で関与する分野は広い、いろいろな方の研究教育活動への参加を求めたい。素人でも数学の研究に参加できる新しい初歩的な数学を沢山含んでいる。ゼロ除算は発展中の世界史上の事件、問題であると言える。

以上

追記

雨上がり山間部の散歩で考えが湧いた。ゼロ除算の下記論文は、新しい数学の研究課題で、学部4年生の卒論ゼミの課題、修士論文の研究課題に適切である

Thedivisionbyzeroisuniquelyandas1/00/0z/00inthenaturaloffractionsWehavetochangeourbasicideasforourspaceandworld:

偉大なる研究は2段階の発展でなされるという考えによれば、ゼロ除算には何か画期的な発見が大いに期待できるのではないだろうか。その意味では天才や超秀才による本格的な研究が期待される。純粋数学として、新しい空間の意義、ワープ現象の解明が、さらには相対性理論との関係、ゼロ除算計算機障害問題の回避など、本質的で重要な問題が存在する。他方、新しい空間について、ユークリッド幾何学の見直し、世のいろいろな現象におけるゼロ除算の発見など、数学愛好者の趣味の研究にも良いのではないだろうか。ゼロ除算の研究課題は、理系の多くの人が驚いて楽しめる普遍的な課題で、論文は多くの人に愛される論文と考えられる。

以上