SMエンターテインメントと提携したロッテ百貨店サングラスOeii

サングラスのニュースよりも、そんなにチケット余ってるの?!と思いました。

SMエンターテインメントと提携したロッテ百貨店サングラスOeii第2のジェントルモンスターにする

ロッテ百貨店が本店と蚕室(チャムシル)店に新しいサングラスブランドであるOeilを開くと28日明らかにした。20代の顧客を狙って第2のジェントルモンスターにブランドを育てるという計画だ。

ロッテ百貨店は、Oeilのブランド開発のためにSMエンターテインメントと手を握った。リテールとマーチャンダイジングを担当するSMブランドマーケティングアイウェアメーカーであるグランドカンパニーと合弁してブランドを出したのだ。

Oeilは、フランス語で目という意味だ。ロッテ百貨店は、売り場の開発及び運営と製品販売を担当し、SMブランドマーケティングはブランド開発と国内および海外のお客を対象に、マーケティングを進行する。また、グランドカンパニーは商品企画から生産、物流などを担当する。

本店や蚕室(チャムシル)店は、Oeilの売場で計30余りの製品を29日から販売する。個性的なスタイルに特殊素材のフレームとレンズを使用して着用感を高めたユニーク(Unique)ラインを披露し、代表の価格は24万8000ウォンだ。

また、若い顧客を狙って東方神起、シャイニー、EXO、NCTなどSMエンターテインメント所属のアイドルグループを代表するカラー及びパターンなどを反映したラインも発売した。代表の価格は11万8000ウォンで、価格対性能比を高めた。

ロッテデパートが直接、サングラスブランドを作った理由は、国内ブランドが輸入ブランドを圧倒しているからだ。サングラスグッズの売上のうち、国内サングラスの割合は、過去5から昨年は30台に急増した。

仮性費が高く、ユニークなデザインを掲げた国内ブランドが増えたためだ。特に2014年本店に入店したジェントルモンスターは、月最高売上48億ウォンを記録している。

ロッテ百貨店はOeil売場お披露目を記念して様なプロモーションを進行する。29日から7月2日まで購買顧客を対象にSMTOWNLIVEWORLDTOURVIinSEOULコンサートのチケットを40人に贈呈する景品イベントを進行する。オープン日から、売り場で50万ウォン以上購買した顧客にはカードの財布を先着順で30人に提供する。

ロッテの顧客を狙って第2のジェントルモンスターにブランドを育てるという計画だ。

ロッテデパートが直接、サングラスブランドを作った理由は、国内ブランドが輸入ブランドを圧倒しているからだ。サングラスグッズの売上のうち、国内サングラスの割合は、過去5から昨年は30台に急増した。